簿記検定は、次の3種類に分けることができます。 ・日商簿記検定 ・全経簿記検定 ・全商簿記検定 日本商工会議所が実施している日商簿記検定は、簿記検定の中でも一番メジャーな存在で、受験者も非常に多いです。 また、文部科学省の認定を受けており、1級〜4級まで存在します。 簿記検定を就職に役立てたいのであれば、日商簿記検定がおすすめです。 また、全経簿記検定は全国経理教育協会が実施している簿記検定で、日商簿記検定と同じく、文部科学省から認定されています。 1級〜4級まで存在しているのも同じですが、専門学校生の受験者が多いというのが特徴でしょう。 そして、日商簿記検定よりもややレベルは落ちるといわれています。 全商簿記検定は、公益財団法人全国商業高等学校協会が実施している簿記検定です。 1級〜3級までありますが、商業高校の生徒が自分のレベルを試すために受けるような試験なので、就職ではあまり役立ちません。 このように、それぞれ実施している機関やレベルなどが異なります。